読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南方書店

私が本屋したらこんな本を置いておきたい…たまに雑な記事も書きたい。そんな架空書店です。

モンテクリストが終わりました。

「母さぁーん、僕は今に北極圏にいまぁーす!!!北極圏は今日も雨でぇーす!!!」

 水曜どうでしょうの名台詞を借りねばならぬくらいには絶望しています。

 

 ほんとうにYJ銀河英雄伝説情報を友人Bから貰っててよかった。じゃなかったらほんとに危うかった。ちなみに友人Bにはお礼に『ゴールデンカムイ』と『ドリフターズ』を教えておきました。どちらもドストライクだったそうです。


 とかく、マンガ好きの行きつく先の一つが熊谷カズヒロ作品だとは思うのですが、中々メジャーなゾーンにいるひとでもないので、せめて5巻くらいで最終巻かなあと思ってたら4巻でショックが大きいです。私は、『サムライガン』からのファンで『サムライガン月光』の時に絵柄がちょっと危うい感じになりだしてどう落ち着くか心配してたのですが、『モンテクリスト』では絵柄の変化がひと段落してたおかげでアクションシーンが格段良くなっていました。『サムライガン月光』終了後短編集が1~2冊出たようなのですが縁が無くて未入手で、『モンテクリスト』も3巻の新巻をたまたま本屋で見かけて急いで1,2巻揃えたのを覚えています。
 『モンテクリスト』では、『サムライガン』とのつながりを匂わすファンサービスに歓喜し、アリが3号丸であって欲しいアリが2号丸かもしんないけど3号丸であって欲しいとキャラクターにもほんの少しの希望があったのですが、謎のまま終わりました。
 話全体は、原作気にせずアクションマンガとして楽しんだらいいんじゃないのかなあと思います。3巻中盤からは裁判ネタが出てきて妙に面白かったりします。
 熊谷作品での血がドロドロした感じとか、女の子が女がエロイとかオカマっぽい男描かせたら日本一とか色々濃い絵が楽しめる方です。『サムライガン』から引き続き蒸気機関バリバリです。とかく3巻での女性キャラクターに対する描写で

❤女の子は湿気❤ 

 という、大事なことを思い出させてくれた尊いお方です。
マンガでの女キャラクターの可愛さはある意味描き手の美学が出るところですが、熊谷先生の場合かなり突出していて、『サムライガン』で老人×少女という名エロシーンが未だに胸に焼き付いてます。普通に本編ストーリーの流れから老人とピュアラブ+α三角関係は凄まじく良かったです。一生に一度の...ああいう雰囲気いいですなあ。無論、『サムライガン』は友人に貸したきりです笑
 私の場合3号丸に入れ込んでたので最終巻で悲惨な目に合っているせいで未だこじらせてます。『サムライガン』に関しては、5巻までは面白いって言い切れるけど、5巻からは自己責任で読んでくれとしか言いようがないです。続編も無いだろうから...辛い笑
 4巻を読めば読むほどOVAジャイアントロボっぽい感じもし、もしかしてこれってものすごくローカルな【漫画版】攻殻機動隊なんじゃって気もしてきて、話し合う友人もいないのでしばらく気分はアラスカにいようと思います。(※YJ銀英伝3話を読む前に書いて置いた記事なので気分はアラスカでしたが、3話読んだ後の今となっては気分はもう中米コスタリカです)

 

 

 

モンテ・クリスト 4 (ヤングジャンプコミックス)