読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南方書店

私が本屋したらこんな本を置いておきたい…たまに雑な記事も書きたい。そんな架空書店です。

新年あけましておめでとうございます

f:id:minakatabook:20160101111443j:plain

AKIRAバンザイ!!フチ子バンザイ!!AKIRAバンザイ!!フチ子バンザイ!!AKIRAバンザイ!!フチ子バンザイ!!

 

と、いうことで時に2016年。2020年へ向けてAKIRAネタが増える中、マンガ玄人だと思ってた友人たちがやらかしてくれたのでここいらでAKIRAについて簡単な作品説明をしようと思います。中身的な話についてではなく概要です。中身についてはファンが書いてるサイトを読む方がよっぽどいいんじゃないかと思います。

 

 

AKIRA コミック 全6巻完結セット (KCデラックス)

AKIRA コミック 全6巻完結セット (KCデラックス)

 

 AKIRA原作はマンガになります。私の人生至上のマンガでありこれを超えるマンガを探し続け坂田靖子にたどり着き絶望したのはいうまでもない結果となったので以下略。
幼少期に読んだら最高にぶっ飛べるマンガでだったので未だ後遺症に苦しんでるマンガです。読むなら早めに。
年取ってから読むとただの凄いマンガになっちゃうからね。そのために二度と読み返さないという決断を下したガイチキが私です。

 

AKIRA [Blu-ray]

AKIRA [Blu-ray]

 

 幼少期にAKIRA(マンガ)を読み映画版AKIRAを見たのですが中身が違いすぎて、私はどうにも映画を受け入れられないでいます。見返そうとも中々思えなくて、今見たら多少は理解できるのでしょうが、マンガ読んでなかったらただの気持ち悪い映画になるので、できたら映画見たらマンガも読んで欲しいと切に願います。
映画のミヤコ様空気らしくてミヤコ好きの私としてはちょっと悲しいです。(現在は映画を見た記憶がほとんどふっとんでいます)

 

童夢 (アクションコミックス)

童夢 (アクションコミックス)

 

 んで、AKIRAの元と言われる童夢です。
これは1巻完結してるし読みやすいし言う事ない作品です。AKIRA全巻読むのめんどくさくて通ぶりたいならこれを読んでおいたらいいと思います。
アニメ版攻殻機動隊が見れるんならすんなり読めるでしょう。
雑誌で特集記事組まれると大体載ってるアラレちゃん帽子老人が出てくるのがコレ

 

 

今回この記事を書くきっかけになったのは友人Nに続きBも同じ過ちを犯したからです。

友人Nの場合
N「AKIRA見たよー」
店「(なんか凄い嫌な予感がする)どうだった?」
N「AKIRAって気持ち悪いんだねー」
店「(あっ映画だ)」

このあと、マンガを読むよう諭したら読んでもらえました。友人Nは『ドロヘドロ』とか読むマンガ玄人だからAKIRA知名度あるから大丈夫かなと思ったのですが時間の流れは残酷だなと。

友人Bの場合
B「AKIRAみたよ。AKIRAって気持ち悪いんだね」
店「Oh I See(あっ映画だ)」
一番衝撃的だったのは
B「え!?AKIRAって映画だけじゃないの!?マンガあるの!!?」
店「白目(友人Nに続き結構マンガ読んでるBまで)」

 

 個人的にAKIRAがマンガであることを知らない層が出てきていることが本当にショックでした。

とにかく、映画AKIRA見たならマンガ読もう。(切実)