読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南方書店

私が本屋したらこんな本を置いておきたい…たまに雑な記事も書きたい。そんな架空書店です。

少年愛の美学/稲垣足穂/河出文庫

 久々に本の話でも

 

 昔読んでいた本が文庫化してたので懐かしくなって少し解説します。
最近は、某漫画が飛び抜けて変態性愛を説いてるので、もっと論理的に知りたい方には丁度いい本かもしれません。
本の内容的には著者の思考ベースに南方学が入ってたりするので、南方学を齧ってから読んだ方がわかりいいと思います。
私自体が読んでてベースの勉強が足りてないから、ちゃんと勉強し直してから読み直そうとして未だ手つかず状態でもある本です。脱線して今は織物の本に凝ってしまってもう読み直さないんじゃないのか?とも思っています。

そもそも持ってる本がこの本のハードカバーで、表紙が若い頃の折口博士みたいな絵を気に入ってそのまま満足してしまってるので、マニアックな方はハードカバーの方をオススメします。

最近は抑え気味な表紙が増えたせいか昔のケレン味溢れたのが恋しい気分でもあります。